健診受診の必要性

特定健診の必要性

なぜ特定健診を受診したほうがよいのでしょう。
特定健診を受診する・しない、この違いはあなたの人生に大きく関わりがあります。
糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病は初期にはほとんど自覚症状がないため、危機感がありません。
しかし、前回の健診結果で問題なかったからと翌年度は受診せずにいると、身体をむしばんでいるサインを見つけられず、症状が現れた時にはすでに、生命に危険が及ぶ状態になっていることも少なくありません。
症状のない病気を早期に発見するには、無症状のうちから年に一回健診を受診し、経年で結果を経過観察することが大切です。

通院中の検査では、生活習慣病のチェックをしていないことも…

通院は、治療が目的のため、治療中の病気のみで身体を全体的にチェックしているわけではないこともあります。
特定健診は、様々な臓器などの状態を総合的に調べるため、治療中の病気以外が見つかることもあります。
健診結果から生活習慣を改善し、他の病気を予防することにもつながります。
定期的に受診している人も主治医と相談の上、受診してください。
また、特定健診を受診している人は、受診していない人よりも医療費(治療費)が低い傾向にあり、お得ですので、今すぐ受診しましょう!